阪口内科皮膚科クリニック

阪口内科皮膚科クリニックは、阪南市で、内科と皮膚科を専門として開設した診療所です。

TEL.072-481-3939

〒599-0232 大阪府阪南市箱作3505-2

感染症

高齢者肺炎球菌ワクチン定期接種について

肺炎球菌ワクチン定期接種について

平成26年10月1日から、肺炎球菌ワクチンが定期接種になります。 
これに伴い変更点がありますので留意してください。

(1)平成26年10月1日から5年間は、当年、満65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳および100歳以上の年齢の方が対象となります。
具体的に、今年度の対象者年齢については、下記を参照してください。(注意1)
また、5年後の平成31年10月1日からは満65歳の方のみが対象となります。

(2)過去に肺炎球菌ワクチンを1度でも接種したことのある方は対象外になります。
(任意接種、保険診療で行われた方、全額自己負担でなされた方も含みます。)(注意2)

(3)現時点で、23価の肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)のみが認められています。
13価の肺炎球菌ワクチン(プレベナ-)は定期接種としては認められておりません。

(4)接種費用は、自己負担 ¥4,000 です。 非課税者、生活保護の方は無料です。
住民票のある市町の保健センターで無料接種券を発行していますのでお問い合わせください。

*************************************

昨年度から助成を開始している肺炎球菌ワクチンの任意接種は、平成27年3月31日まで施行が継続されます。 
但し、当年、満65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳および100歳以上の年齢に該当する方は、平成26年10月1日から定期接種に該当します。

(5)昨年度から助成を開始している肺炎球菌ワクチンの任意接種の対象者は70歳以上の方です。

(6)任意接種の方は、原則的に過去5年以内に肺炎球菌ワクチン予防接種を受けていなければ、この助成が受けられます。つまり、5年以上が経過し2回目の接種を受けたい場合、助成制度では可能ですが、定期接種の場合は不可です。定期接種該当年齢の方で2回目の接種を受けたい場合は、全額自費扱いになります。 
従って、
1)70歳以上の方で、
2)5年以上前に肺炎球菌ワクチンを接種し、
3)2回目の接種を希望される方は、
4)当年が、満70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳および100歳以上の年齢に該当する方は、平成26年9月30日まで
5)当年がその年齢に当たらない71歳以上の方は、平成27年3月末日まで
助成金制度の任意接種が受けられますので、早急に検討してください。

(7)当院では、助成金制度による自己負担を¥3,500で承っておりましたが、平成26年10月1日から、助成金制度による自己負担額も、定期接種の自己負担額同様 ¥4,000とさせていただきます。
また、全額自費接種の場合も、平成26年10月1日から、接種料金を現在の¥7,000から、¥7,500とさせていただきます。

——————————————–
(注意1)
平成26年10月1日から平成27年3月31日までの定期接種の対象者
年齢 生年月日
65歳 昭和24年4月2日生まれ ~ 昭和25年4月1日生まれ
70歳 昭和19年4月2日生まれ ~ 昭和20年4月1日生まれ
75歳 昭和14年4月2日生まれ ~ 昭和15年4月1日生まれ
80歳 昭和 9年4月2日生まれ ~ 昭和10年4月1日生まれ
85歳 昭和 4年4月2日生まれ ~ 昭和 5年4月1日生まれ
90歳 大正13年4月2日生まれ ~ 大正14年4月1日生まれ
95歳 大正 8年4月2日生まれ ~ 大正 9年4月1日生まれ
100歳以上  大正 4年4月2日生まれ以前

(注意2)
肺炎球菌ワクチンは接種後5年以上経過すれば追加ワクチンを接種することが可能で、5年以上でワクチンの免疫力は低下する可能性が示唆されております。
しかし、定期接種では、ワクチンの効果云々の問題では無く、厚生労働省が費用対効果で決定した事項であり、医学的な判断に基づくものではありません。
一方、助成金制度は、各市町村が独自の判断で行ったサービス事業です。
従って、自己負担分が各医療機関で若干異なったり、接種対象者の考え方が定期接種のそれと異なったりするのはこのためです。
但し、定期接種が開始すれば、この助成金制度は年度末で廃止されます。

2014年度のインフルエンザの特徴

極寒期のA型インフルエンザがあまり流行しなかった分、隔年に流行する傾向のあるB型インフルエンザの開始が早く特に強いピークがなく、だらだらと流行が持続している印象でした。3月中旬には某中学校の卒業式を期にその周辺で特に強い流行が見られました。幸い、その後、春休みに入ったため1週間程度で患者数は減りました。卒業式は密閉し互いが近接した空間に多数の生徒が集合するので、感染症を拡大するには最も危険な状況です。集大成の舞台で皆それぞれに思い入れがあり、無理をしてでも参加したかったり、発熱があっても参加を勧奨する教師もいるそうですが、感染症拡大の懸念もあることは十分ご留意いただきたいものです。

2013年度のインフルエンザの特徴

今年は例年に比べて流行の時期が遅く発症数も少ない印象です。
地域の学級閉鎖も例年と比較して少ない状況です。
一昨年は、咽頭がイクラのように発赤腫脹するケースが特徴でしたが、今年のインフルエンザは咽頭発赤がほとんど認めませんでした。
また、悪寒戦慄を伴う高熱を主訴として受診されるケースもやや少ない印象でした。
一方で、昨年までは65歳以上の高齢者インフルエンザ予防接種を受けられた方の発症はほとんどありませんでしたが、今年はそのケースが多いのも特徴でした。
毎年当地区のインフルエンザ流行状況の統計をとっていますと、一昨年までは隔年で、3月頃からB型が流行します。
その規則では、昨年は非流行時期に当たるのですが、昨年はややB型の発症は多かったように思います。
今年は、順番からすると流行時期なのですが、昨年がやや流行しましたので、どうなることでしょうか?