阪口内科皮膚科クリニック

阪口内科皮膚科クリニックは、阪南市で、内科と皮膚科を専門として開設した診療所です。

TEL.072-481-3939

〒599-0232 大阪府阪南市箱作3505-2

診療所のIT化(院内環境)

診療所のIT化(院内環境)

このエントリーをはてなブックマークに追加

当院では医療情報をほとんどIT化しております。

まずは、電子カルテと連携し、患者さんのカルテを開けば、同時に連動してその情報が表示されます。
そのファイリングリストは以下のものです。
1. レントゲン写真(過去の写真も同一画面で比較検討できる。)
2. 超音波検査(過去の写真も同一画面で比較検討できる。保存はDICOMおよびjpeg。)
3. 内視鏡検査(過去の写真も同一画面で比較検討できる。保存はjpeg。)
4. 他院で撮影したCT、MRI、レントゲンなど(DICOM企画でデジタル提供いただいたデータを当院に持参していただければ、当院で施行したのと同じ条件で保存でき、直ぐに閲覧できる。)
5. 心電図(過去の心電図所見との違いもViewerにて同一画面で比較検討できる。)
6. Holter心電図(SDカードに保存したデータは解析ソフト内で全て保存。主要なデーターはpdf形式で抽出し保存、それを閲覧可能。)
7. 脈波(ABI/PWV)(過去のデータとの相違も同一画面で比較検討できる。データはcsv形式で保存しているが、閲覧はpdf形式で可能。)
8. 呼吸機能検査(データをRS232CにてPCに取り込み専用Viewerで閲覧可能。)
9. 血液検査(当然時系列で比較検討でき、経過のグラフも直ぐにプリントアウトできる。)
10. 院内一般尿検査(データをRS232CにてPCに取り込み血液検査との時系列とは別に比較検討できる。)
11. 紹介状、報告書など(記録はjpeg形式で保存し閲覧可能。)
12. 診療情報提供書、介護保険主治医意見書、診断書などは全てpdf形式で保存し閲覧可能。
13. 長谷川式認知スケール、頭痛問診、うつ問診、睡眠時無呼吸症候群問診などはRS_Baseに備わっているチェックシート機能でデータ保存。
※ 紹介状など紙媒体でいただいたデータは、スキャナーに取り込んで保存するため閲覧する際は少し汚いですが、当院のデータは全て直接PC内で処理したものでスキャナーなどによる歪みはありません。

在宅関連
14. 血糖自己測定(自己測定器よりデータを抽出し保管。データはcsv形式で保存しているが、閲覧はpdf形式で可能。)
15. 自己血圧測定(指定した血圧測定器を購入いただき、そのIDを登録いただければ、インターネットを介してサーバーに接続し、診療前にそのデータを抽出可能。記録はpdf形式で保存し閲覧可能。)
16. 睡眠時無呼吸症候群治療(CPAP機器に装着しているSDカードなどを持参いただき、装着率、無呼吸指数、いびき回数などのチェック可能。記録はpdf形式で保存し閲覧可能。)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です