阪口内科皮膚科クリニック

阪口内科皮膚科クリニックは、阪南市で、内科と皮膚科を専門として開設した診療所です。

TEL.072-481-3939

〒599-0232 大阪府阪南市箱作3505-2

皮膚医学レーザー治療
このエントリーをはてなブックマークに追加

 個別に相談のある方は、診療予約を行って直接医師と相談してください。
 当院では、まず、医療面接(診察)を行います。
 この際、自由診療と判断される場合は、保険点数の初診料に相当する点数分を実費で頂くことになります。(相談の内容によっては保険診療となる場合もございます。)
 アレキサンドライトレーザーは保険診療の適応ではありませんが、皮膚科専門医師の指導のもと以外では、施行することができません。一般のエステでは行うことはできません。

 レーザー脱毛治療の費用については、上段タグの「自由診療」をクリックして、「皮膚医学レーザー治療」の項を参照してください。

レーザー治療のQ&A

  • 問1  永久脱毛でしょうか?
    答1  永久ではありませんが、5回照射を行うと、うぶ毛~数本程度しか生えません。 目立った剛毛は生えないでしょう。 また、何度でも繰り返し治療が可能です。
  • 問2  1回の所用時間はどのくらいでしょうか?
    答2  両脇で10分、両上腕で20分、両下腿で30分程度です。尚、原則的に1日の照射範囲は、30分以内で処置できる範囲とします。
  • 問3  治療に痛みを伴いますか?
    答3  レーザーは、熱による凝固作用で、毛根部を瘢痕化させます。治療は、レーザー照射と同時に冷却ガスを噴射させるため、麻酔なしでも可能な程度の痛みでできます。稀に、照射後に軽い炎症を起こし、疼痛が出現することがありますが、軟膏処置または経過観察でも、2-3日で改善します。

  • 問4  注意点はありますか?
    答4  照射後、1週間ほどは、レーザー照射部位に直接日光が当たらないように被覆してください。

  • 問5  どんな「しみ」でもとることができるでしょうか?
    答5  レーザーは、黒色調ものに反応しますので、たいていのしみには有効ですが、レーザー治療の困難な例もあります。また、ほくろの場合、「大きなもの・深いもの」 はレーザー治療は困難で、切除治療となることが多いです。個別には、医師の診察により決定します。

  • 問6  エステで行われるレーザー治療とは異なるのでしょうか?
    答6  エステで行われているレーザー治療というのがどのようなものかは存じ上げません。当院はもとより、医学レーザー脱毛として施行される治療機器はアレキサンドライトレーザーで、これは、医師の指導のもとに施行されるものです。したがって、医療機関以外では行うことはできませんので、エステで行われるレーザーとは基本的に異なると思われます。エステで施行されてるレーザー治療があるのでしたら、そのエステに直接お問い合わせ下さい。

  • 問7  脱毛治療に適する季節はありますか?
    答7  肌を露出する機会が多い夏に治療を希望される方が多いですが、日差しが弱くなる秋から冬に施行する方が、日焼けなどによるトラブルが少ないと思われます。また、夏場は、皮膚科の一般診療患者が多くなりますので、比較的患者様の来院が少なくなる秋から冬場の方が、スムーズに受診できます。

しみとり・ほくろとり

 レーザーによって治療可能なもの、不可能なもの、切除治療が必要なものなどがあり、それを確認する必要があります。そのためには診察が必要で、初診時には初診料が必要です。初診料は、保険診療における初診料と同額です。  初診料は、はじめから美容目的で受診される場合は、自由診療として扱い全額自己負担となりますが、病気ではないかと思われて相談される場合は、保険診療扱いになります。
 治療に関しては、美容目的の場合は、レーザー治療であっても、切除治療であっても、全て自由診療(全額自己負担)となります。一方、悪性疾患の可能性があったり、医学的に切除すべき(または切除した方がよい と判断した場合は、初診料も含めて、治療費は保険診療扱いとなります。
 診察の結果、医学的には切除する必要がなく、美容のために切除を希望される場合、切除治療は自由診療となります。

 自由診療の場合、「ほくろとり (切除術または焼灼術)」 は1カ所につき約 5,000 (数mm以内のもので) 程度です。 

皮膚レーザー治療に関するお申し込み、お問い合わせ

 TEL. 072-481-3939  (平日の午前中にお願いします。) 
 治療・処置は予約が必要です。

 尚、アレキサンドライトレーザーによる治療は、すべて保険診療の適応ではありません。