阪口内科皮膚科クリニック

阪口内科皮膚科クリニックは、阪南市で、内科と皮膚科を専門として開設した診療所です。

TEL.072-481-3939

〒599-0232 大阪府阪南市箱作3505-2

花粉症治療(舌下免疫療法)
このエントリーをはてなブックマークに追加

すぎ花粉症治療薬(シダトレン)の処方が可能です。

院長写真

アレルギー性鼻炎の治療は、くしゃみ、鼻汁、鼻閉、かゆみなどの症状を抑える薬が主体で、内服抗アレルギー薬、点鼻用ステロイド、点鼻用血管収縮剤などが使用されています。重症例では内服ステロイド、鼻粘膜へのレーザー治療も施行されます。 しかし、いずれも一時的な効果であって、次のシーズンにはまた同様の治療を再開しなければなりません。 一方で、以前より、減感作療法といわれ、対象となるアレルゲンを一週間毎に少量ずつ皮下注射することにより症状の軽快や治癒を期待される治療法がありました。効果は絶対的ではありませんが、多くの成功事例が報告されています。しかし、注射を週一回受けなければならず、その期間も年単位が必要であり、かなりの患者負担がありました。 今回、このアレルゲンを舌下投与することでも一定の効果が得られることが報告され、スギ花粉用の「シダトレン」が保険診療できるようになりました。 希望者は、受付で診療予約を行ってください。必要な問診、検査を施行した上で、適応者には処方をいたします。 尚、当院院長も現在治療中です。 


舌下免疫療法の詳細については、下記サイトをご覧ください。

 ・アレルゲン 免疫療法ナビ(鳥居薬品)