阪口内科皮膚科クリニック

阪口内科皮膚科クリニックは、阪南市で、内科と皮膚科を専門として開設した診療所です。

TEL.072-481-3939

〒599-0232 大阪府阪南市箱作3505-2

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療【在宅持続陽圧呼吸療法(CPAP)】

当院では、約10年前から指導を開始し、現在、常時約20名の方がご利用されています。

CPAPを利用される方で、昼間の眠気を訴える典型的な方は3人に1人くらいです。またセルフチェック(ESS: Epworth sleepiness scale)という問診を利用しますが、指数の高い方もあまりいらっしゃいません。
同伴者から睡眠時に、いびきがうるさいことか、無呼吸状態があることを指摘されるケースが多いです。
また、業務上、車両の運転に従事し、国土交通省から指導のある業界の方は、定期的に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査【ポリソムノグラフィー】を施行されますので、そこでSASと診断され、CPAPを開始される方もあります。
 
実際、CPAPを行ったところ、起床時の睡眠満足度が良くなったといわれる方はいらっしゃいますが、導入時に自覚症状のない方は改善したという実感のある方が少ないのも事実です。
 しかし、内科的にSASが問題なのは、夜間、低酸素状態になりますので、血管がれん縮し、脳梗塞や心筋梗塞を生じたり、動脈硬化が進行したりする心配があることです。CPAP施行の前後で、検査【ポリソムノグラフィー】を行えば、CPAPの導入により夜間低酸素状態が改善していることが顕著にわかります。
 CPAP導入時は慣れなくて使用しずらいといわれる方もいらっしゃいますが、マスクの形状を変更したり、加湿器を加えたりするなどの調整で、ほとんどの方は継続できます。

現在、当院で施行しているCPAPは、その機器にWifiが装備され、専用サーバーに使用状況を送信する機能がついております。
 当院に通院中の方の中には、「業務上CPAPが必要な方」がおられます。この方々は、きちんとCPAPを施行しているかどうか職場に報告しなければなりません。
従って、当院を受診される際にはそのデータを解析し、いつ何時間使用したか、装着中に空気の漏れはないか、圧が不足していないか、無呼吸の回数はおよそどの程度かを毎回、説明させていただいております。