阪口内科皮膚科クリニック

阪口内科皮膚科クリニックは、阪南市で、内科と皮膚科を専門として開設した診療所です。

TEL.072-481-3939

〒599-0232 大阪府阪南市箱作3505-2

未分類

感染対策室の整備

感染対策室の整備

2020年12月1日、感染対策用の診察室を整備いたしました。

駐車場に直結する「専用出入口」から入室いただきます。
診察室は、4.5畳程度のものですが、室内には、換気扇が3機、排気口が1つ、
通常の空調1機、HEPAフィルターつきクリーンパーティション2機(吸気用と排気用)を設置いたしております。

スタッフは感染防止のため、マスク、フェイスガード、手袋、ガウン、ヘアキャップを装着し、(手袋、ガウンに関しては)一人毎に新しいものに交換して使用いたします。

新型コロナウイルス感染拡大 による当院の対応

新型コロナウイルス感染拡大 による当院の対応

「感冒症状」で受診される方には、原則、「新型コロナウイルス/インフルエンザ」かどうかを鑑別するために
「感染対策用診察室」で迅速定性検査を実施致します。
陰性の方は、院内の「隔離待合室」で待機、通常診察となります。
陽性の方は、引き続き「感染対策用診察室」で診療を行います。

したがって、「感冒症状」で院内に誘導される方は、いずれも陰性を証明された方に限られます。

新型コロナウイルス感染予防に対する当院の対応(来院者編)

新型コロナウイルス感染予防に対する当院の対応を以下のように行います。

座席の間隔を開けるようにステッカーを置いています。
待合が混雑することを避けるため、予約時間の患者割合を通常よりも長くとっています。
もし、待合が込むようでしたら、車内での待機をお願いします。

熱性患者さんは、感染対策室で、新型コロナウイルス および インフルエンザ の感染がないかまず検査を行います。

いずれかが陽性であれば、感染対策室で診察を行います。

いずれも陰性であれば、通常診察となりますが、それでも、一般診療の方とは離れた待合室で待機いただきます。

院内感染を防ぐように万全の体制を整えていますので、ご協力をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染予防に対する当院の対応(スタッフ編)

新型コロナウイルス感染予防に対する当院の対応を以下のように行います。

スタッフが患者様と接する場合は、マスク、手袋、フェイスガードを着用するようにいたします。
また、医師が熱性疾患の患者様を診察する場合や看護師が処置に当たる場合は、予防着を着用いたします。
受付窓口には透明のシールドカーテンを掛けさせていただきます。
院内数カ所に、消毒用エタノール、ウエルパスなどの消毒液を設置します。
(スプレーは1プッシュで必要量が出ます。)

換気のため定期的に窓を開けます。また、ドアノブや手すりは定期的に消毒いたします。
内科、皮膚科、待合、受付には、ウイルス対策のための清浄機器を数カ所に設けています。

また、別に感染対策室を設け、陰圧室に匹敵するだけの設備を整えています。

新型コロナウイルス感染予防に対する当院の対応(診療編)

新型コロナウイルス感染予防に対する当院の対応を以下のように行います。

1)内科診療で、感冒症状または発熱症状の方は、別枠で診療を行います。
WEB・電話予約をなされても、その時間通りには診療できませんのでご了解ください。
直接当院窓口に電話連絡をいただければ、診療時間の目安をご連絡いたします。

2)皮膚科診療も発熱症状を伴う方は、内科的なスクリーニング検査を行う可能性があります。
また、WEB・電話予約は制限しており、予約が取りにくい状況としています。
直接当院窓口に電話連絡をいただければ、診療時間の目安をご連絡いたします。
また、小児の場合不顕性感染の可能性があります。したがって、泣き叫んだり、騒いだりされるお子様が万一、ウイルスに罹患されていれば周囲に拡散させる危険性が高くなりますので、極力受診を控えていただくようにお願いいたします。
また、いぼ処置などで、泣き叫ぶ可能性が高いお子様に関しての処置も極力控えさせたいただきます。